1. 福岡市動物園
  2. 動物紹介
  3. アカカザリフウチョウ

動物紹介

Raggiana Bird of Paradise / スズメ目 フウチョウ科 アカカザリフウチョウ

  • 鳥類
動物紹介
現在、福岡市動物園には、メス一羽だけが生活しています。
森林に生息し、主に果実を食べますが、昆虫なども食べています。
フウチョウの仲間は、最も美しい鳥といわれ、「極楽鳥」とも呼ばれています。

福岡市動物園のアカカザリフウチョウ

名前 サンディー ♀ 1996.5.3 生
性格やエピソード フウチョウの仲間はオスはきれいな飾り羽根をもっていますが、メスはオスに比べて地味な姿をしています。
(2016年1月現在、メス1羽を飼育)
動物園での食べ物 パパイヤ、バナナ、リンゴ、キウイ、イチゴ(季節によりブドウ、カキ)
週1回(ゆで卵、ミルワーム)

アカカザリフウチョウ

生息地 ニューギニア及び周辺の島々、オーストラリア東部北東部
体長 / 体重 体長 オス34cm メス33cm
指の数 4
寝姿 木に止まり
繁殖・子育てについて きれいな羽をもつオスが求愛ダンスをします。
自然界での食べ物 果実や昆虫

福岡市動物園公式ブログ

ページの先頭へ戻る