1. 福岡市動物園
  2. 動物紹介
  3. シュバシコウ(ヨーロッパコウノトリ)

動物紹介

White Stork / コウノトリ目 コウノトリ科 シュバシコウ(ヨーロッパコウノトリ)

  • 鳥類
動物紹介
くちばしをカチカチと鳴らす習性があります。(クラッタリング)
沼や農耕地に住み、好んで人家の屋上や煙突の上に営巣しています。
赤ちゃんを運ぶ鳥として有名な鳥はニホンコウノトリではなく,このシュバシコウなのです。

福岡市動物園のシュバシコウ(ヨーロッパコウノトリ)

性格やエピソード (2017年4月現在、オス1羽を飼育)
動物園での食べ物 アジ、ドジョウ、オキアミ、キビナゴ、コオロギ、ミルワーム

シュバシコウ(ヨーロッパコウノトリ)

生息地 ヨーロッパ、北アフリカ、インド西北部、中近東
体長 / 体重 1.0m
指の数 4
寝姿 木に止まり立ったまま
性成熟の年齢
(おとなになる年齢)
3~5歳
自然界での食べ物 小魚等

福岡市動物園公式ブログ

ページの先頭へ戻る