お楽しみコーナー

どうぶつ雑学

7 ゾウの鼻

アジアゾウ(はな子)
ゾウの鼻は、上唇と鼻が長く伸びて自由に動くようになったもので、数千の筋肉からなっています。
”5番目の肢(あし)"として、草をつかんだり、枝を倒したり、倒木を持ち上げたり、水や砂を吹いたりするのに使われます。
福岡市動物園公式ブログ

ページの先頭へ戻る