1. 福岡市動物園
  2. 動物紹介
  3. ツシマヤマネコ

動物紹介

Tsushima Leopard Cat / 食肉目 ネコ科 ツシマヤマネコ

  • ほ乳類
  • 動画あり
動物紹介
繁殖期とその前後は非公開となります

1994年、種の保存法により国内希少野生動植物種に指定され、本園で人工飼育、繁殖計画が開始されました。
日本では対馬だけに生息し、体型は短足胴長で、耳の裏に白い斑紋(虎耳)があります。

メスNo.8「ふみ」(推定20歳)が、1月11日(木)に死亡しました。

福岡市動物園のツシマヤマネコ

名前 (No.51)ヤナギゴンタ・ちから ♂ 2013.10.23 来園
(No.60)キュー ♂ 2010.10.28 来園
(No.25)リリー ♀ 2004.4.10 生
(No.71)むー ♂ 2015.4.13 生
(No.42)もみじ ♀ 2007.5.9 生
(No.48)こまり ♀ 2009.5.12 生
(No.74)妃 ♀ 2015.6.20 来園
No.81(名前未定) 2017.4.27 生
性格やエピソード <オス♂>
(ヤナギゴンタ・ちから)2006.7.25上対馬町河内で保護。人懐っこい。飼育員に慣れている。佐世保市の動物園では「ちから」と呼ばれていました。

(キュー)対馬の下島、厳原町にある九電工の敷地内で保護(2009年12月28日)されたため、この名前がつきました。

(むー)現在,展示している個体。食いしん坊で飼育員にも慣れている。

<メス♀>
(リリー)繊細な性格で普段はじっとしていることが多い。

(もみじ)おっとりした性格で飼育員にも慣れている。

(こまり)良く食べ,良く動く。ペアリングの時はオスの『むー』と仲良し。

(妃)2015/6/20対馬で保護。飼育員の手から直接エサを食べる。目がくりっとしてとてもチャーミング。
動物園での食べ物 馬肉、カンガルー肉、牛レバー、ブロイラー、アジ1回/週、鶏頭、マウス 2回/週、ヒヨコ1回/週、欠食2日

ツシマヤマネコ

生息地 日本(対馬のみ)
寿命 野生では約10年、飼育下では約15年
体長 / 体重 50~60cm / 3~5kg
指の数 前5 後4
寝姿 横になり丸くなって
繁殖・子育てについて 通常は単独行動をで冬にオスとメスが交尾し春に出産します。
約6か月間、母ネコに付いてその後、独立します。
フンについて フンは普通です。
茶褐色で約8cmぐらいの長さ。
食べ物により色も変化します。
性成熟の年齢
(おとなになる年齢)
2歳
自然界での食べ物 ネズミ類を主に食べる他、鳥、昆虫、は虫類、カエル等の両生類。
対馬ではウナギを食べるところが目撃されています。

ワシントン条約付属書 Ⅱ
日本版レッドリスト 絶滅危惧ⅠA類(CR)

動画

  • -

  • -

  • -

  • -

  • -

  • -

  • -

  • -

  • -

  • -

  • -

  • -

  • -

福岡市動物園公式ブログ

ページの先頭へ戻る