1. 福岡市動物園
  2. 動物紹介
  3. ニホンツキノワグマ

動物紹介

Asian Black Bear / 食肉目 クマ科 ニホンツキノワグマ

  • ほ乳類
ゲンキ
  • ゲンキ

  • ゲンキ

  • ハナコ

  • ハナコ

動物紹介
日本ではヒグマと並ぶ大型獣で、胸の月の輪型の白紋が特徴です。
森林に生息し、冬は冬眠します。

福岡市動物園のニホンツキノワグマ

名前 ハナコ ♀ 1996.11.28 来園
ゲンキ ♂ 2007.2.2 生
性格やエピソード ハナコ :高齢のため、ゆっくり動きます。
ゲンキ ♂ 生後約1週間で保護され、人に育てられました。食欲旺盛で活発に動きます。※生年月日は推定
動物園での食べ物 かんきつ類、リンゴ、蒸しサツマイモ、蒸しニンジン、季節の果物(イチゴ、ブドウ、カキのどれか)、ヨーグルト、ペレット、青草、馬肉、鶏むね肉、ゆで卵

ニホンツキノワグマ

生息地 本州、四国
寿命 野生下では20年ほど、飼育下では30年程度
体長 / 体重 1.2~1.7m / 40~120kg
指の数 前5 後5
寝姿 横になる、仰向け、伏せ、丸くなる、腹ばい
繁殖・子育てについて 交尾は6~7月に行われる。
着床遅延(胚の発育停止)により、冬眠準備頃の11月下旬~12月上旬に着床し、妊娠が開始。妊娠期間は約60日で、1月下旬~2月上旬の冬眠中に出産する。子育てはメスのみで行う。
フンについて 直径2~3cmの俵型の形。1日に3~6回する。食べたものにより、色や形が変わる。
性成熟の年齢
(おとなになる年齢)
オス・メスともに4歳程度
自然界での食べ物 雑食性。
木の実や果実、木の新芽、草本、昆虫(アリ・ハチなど)、動物の死体など。

ワシントン条約 付属書Ⅰ
IUCN レッドリスト  危急(VU)

園内の場所

エリア北園
北園

動画

  • -

福岡市動物園公式ブログ

ページの先頭へ戻る