1. 福岡市動物園
  2. 動物紹介
  3. シワコブサイチョウ

動物紹介

Wreathed Hornbill / ブッポウソウ目 サイチョウ科 シワコブサイチョウ

  • 鳥類
動物紹介
2014年現在、オス・メスそれぞれ1羽ずつ飼育しています。
オスのトトは1990(平成2)年4月生まれ、1997(平成9)年3月に来園、人に慣れています。
メスのキッキは生年月日不明、1994(H6)年3月に来園しました。
くちばしの基部に突起があり、数本のスジがあります。
喉には伸縮性の袋を持ち、袋の色はオスが黄色、メスでは青色になリます。

福岡市動物園のシワコブサイチョウ

名前 トト ♂ 1997.3.28 来園
キッキ ♀ 1994.3.17 来園
性格やエピソード トト:とても人なつっこく、おなかがすいていれば、かなり近くまで寄ってきます。
キッキ:少し臆病ですが、おなかがすいていれば、投げたエサを飛んでキャッチしたり、アクロバティックな動きをしてくれます。
動物園での食べ物 リンゴ、パイナップル、パパイヤ、キウイ、バナナ、トマト、ブドウをサイの目状に切って与えています。
ほかにドッグフード、ミルワーム

シワコブサイチョウ

生息地 インド東部、中国南東部、アンダマン諸島
寿命 約30年
体長 / 体重 1.2m
指の数 4
寝姿 木に止まり
繁殖・子育てについて 樹洞の中で産卵して、子育てもメスがメインでそのまま樹洞内でします。
穴の入り口を土やフンで小さくしているので、自分もすぐには出られませんが、くちばしを差し出せば、外敵からも身を守れます。
エサはオスが運んできます。
フンについて やわらかい物を食べると、ちゃんと消化してフンとして出ますが、リンゴなどのかためな物はあまり消化せず出てきます。
自然界での食べ物 イチジクなどのフルーツや、昆虫

動画

  • -

福岡市動物園公式ブログ

ページの先頭へ戻る