動物紹介

Asian Elephant / 長鼻目 ゾウ科 アジアゾウ

  • ほ乳類
  • 動画あり
動物紹介
本園では、はな子(メス)1頭を飼育しています。
体重は約3トンです。
午後3時以降は寝室で餌を食べているのを見ることができます。
筋肉でできている鼻を上手に使って餌をとって食べたり、水を飲んだりしています。
アフリカゾウに次ぎ陸上最大の動物です。
上唇と一緒に伸びた長い鼻は器用に動かすことができます。
象牙は上顎の門歯が伸びたものです。
視力は弱いですが、聴覚と嗅覚が発達しています。

福岡市動物園のアジアゾウ

名前 はな子 ♀ 1973.3.31 来園
性格やエピソード サツマイモが好き。ふかした芋よりも生の芋が好き。
食べるときに、好きなものが少なくなると、鼻でいくつか持って、他のものを食べることがあります。
気になる人がいると、物を投げるときがあります。
動物園での食べ物 乾草、わら、青草(チモシー、イタリアンライグラス、ソルゴー)、サツマイモ、人参、リンゴ、ZGFペレット、ゼンビタンVi、バナナ 

アジアゾウ

生息地 インド、ミャンマー、タイ、マレー半島、スマトラ 
寿命 50 ~70年
体長 / 体重 5.5~6.5m / 5トン
指の数 前5 後4 (アフリカゾウ: 前4 後3)
寝姿 立ったまま寝ます。少し寝ては起きるを繰り返します。
繁殖・子育てについて 妊娠期間は600日で、生まれた時の体重は100㎏くらいあります。
2才までおっぱいを飲みます。子育ては、親だけではなく、群れの中のゾウも子育てを手伝います。
フンについて ゾウは1回に6~7回(約5㎏)のフンをし、1日では5~10回します。
自然界での食べ物 草や根っこ、木の葉、果物、木の皮など

ワシントン条約付属書 Ⅰ
2013年版IUCN レッドリスト EN

動画

  • -

  • -

  • -

  • -

  • -

福岡市動物園公式ブログ

ページの先頭へ戻る