1. 福岡市動物園
  2. 動物紹介
  3. ニホンツキノワグマ

動物紹介

Japanese Black Bear / 食肉目 クマ科 ニホンツキノワグマ

  • ほ乳類
動物紹介
日本ではヒグマと並ぶ大型獣で、森林に生息し、冬は冬眠します。
現在は、本州中北部以外は少なく、胸の月の輪型の白紋が特徴です。

福岡市動物園のニホンツキノワグマ

名前 花子 ♀ 1996.11.28 来園
元気 ♂ 2007.2.2 生
性格やエピソード ♂♀共に人間に育てられたため、どちらも穏やかな性格です。
動物園での食べ物 キャベツ、トマト、かんきつ類、リンゴ、サツマイモ、蒸しニンジン、季節の果物(イチゴ、ブドウ、カキのどれか)、ヨーグルト、ペレット、蜂蜜

ニホンツキノワグマ

生息地 本州、四国
体長 / 体重 1.2~1.7m / 80kg
指の数 前5 後5
寝姿 横になり丸くなって
自然界での食べ物 雑食性です。
木の実や果実、小動物や虫の死体も。

ワシントン条約付属書 Ⅰ
2013年版IUCN レッドリスト VU

福岡市動物園公式ブログ

ページの先頭へ戻る